Uncategorized

過熱水蒸気オーブンレンジ RE-WF262とRE-WF261の違いを徹底比較!口コミもあります!

 

2021年9月2日に発売されたシャープ過熱水蒸気オーブンレンジRE-WF262。

スタイリッシュなデザインとその機能性から注目が集まっています。

 

しかし、前機種であるRE-WF261との違いが分かりにくいのが難点・・・。

そこで今回は、RE-WF262の特徴と、RE-WF261との違いを解説していきたいと思います♪

 

 

過熱水蒸気オーブンレンジ RE-WF262の特徴は?

 

先ずは特徴から見ていきましょう!

過熱水蒸気オーブンレンジならではのものや、さすがシャープさん!と言いたくなるような便利な機能まで搭載されています♪

 

大量調理でも焼きムラなしの二段コンベクション♪

 

広々庫内で二段調理が可能!

熱風を利用したコンベクションオーブンなので、一度にたくさん調理しても焼きムラが出にくいのも嬉しいポイントです。

3品同時調理なんてことも出来ちゃうので、作り置きを良くする方におすすめ♪

 

水蒸気式過熱でヘルシー調理!

 

水蒸気式過熱を採用しているので、スチームを使ってふっくらと温めることが可能です。

また、ヘルシーなノンフライ調理もできるので、焼き物や揚げ物の余分な脂を落とすことが出来ますよ♪

 

冷凍食品はセンサーで楽々温め可能

 

最近の冷凍食品は美味しいものが多く、ついつい買ってしまいますよね。

だけど温め方は食品によってまちまちで、それすら面倒くさくなることも・・・。

 

RE-WF262にはらくチン!センサーを利用した自動温め機能があるんです!

センサーが食品の温まり具合を見極めてW数や時間を自動で調節してくれるので、冷食を入れてスイッチピッ!で後は待つだけ♪

 

忙しい方必見!レンジにお任せもう一品!

 

「忙しいけど品数が少ないのは嫌!」

「長時間キッチンに立っているのが辛い。」

 

そんな方におすすめなのが、レンジにお任せもう一品機能です♪

耐熱容器やレンジOKのプラスチック容器に食材を入れてラップをかけます。

あとはレンジに入れてスイッチ一つで過熱が完了!

 

「過熱のし過ぎや過熱不足の心配はないの?」と思うかもしれませんが大丈夫です!

RE-WF262には食品から出る蒸気を感知して過熱具合を見極めるセンサーが搭載されているので、過熱の過不足なく調理をしてくれます。

 

設置スペース制限が少なく置き場所に困らない♪

 

レンジによくある設置スペース制限。

「左右〇cm以上、背面〇cm以上空けて設置してください。」

RE-WF262にあるのは天面10cm以上という制限のみ!

ほぼ本体サイズのみのスペースに設置できるので、置きたい場所にあまり余裕がない方にもおすすめです♪

 

お手入れのお助けメニューも搭載

 

レンジの庫内ってすぐに汚れますよね・・。

その上こびりついたらなかなか取れないなんてことも!!

 

そこでRE-WF262がお助け!

スチームで汚れを浮かせてくれるので、後はふき取るだけの簡単なお仕事です♪

 

調理後の臭い残りを防ぐ脱臭クリーンコートまであるので、庫内はいつでも清潔・嫌な臭いもなしで快適に使用できます♪

 

過熱水蒸気オーブンレンジ RE-WF262RE-WF261の違いを比較!

 

「RE-WF262の特徴は分かった・・・だけどRE-WF261との違いが分からない!」

そんな方のために、二つの違いを探しました!

『探した』ということは、探さないと分からない程度しか違いがなかったという事なんです。

 

RE-WF262とRE-WF261はデザイン・サイズ・color・容量などは全く同じで、メイン機能も変わりません。

 

違いは2つ

①お手入れ自動メニューの有無

②自動メニュー数の数

です。

 

自動メニュー数はRE-WF261が95品で、RE-WF262が106品なので、11品増えていました。

 

つまり、マイナーチェンジ程度ということですね。

しかし、お手入れのお助け機能や自動メニュー数の増加は、忙しい方にとってはかなり嬉しい機能なのではないでしょうか。

 

過熱水蒸気オーブンレンジRE-WF262とRE-WF261の口コミ紹介

 

RE-WF262とRE-WF261の口コミをご紹介・・・したいところだったのですが、RE-WF262は2021年9月2日に発売されたばかりで、口コミはまだありませんでした。

 

なので、前機種のRE-WF261の口コミを見ていきたいと思います。

違いはほとんどないので、こちらの口コミでも充分参考になりますよ♪

 

悪い口コミ

 

・電子レンジの取っ手を持って開ける時、少し重たく感じる。(10年前の東芝のオーブンレンジと比べて)

・動作音は問題ないですが、ボタンを押したときの音が少しうるさいです。

 

良い口コミ

 

・電子レンジの中は広めなので2、3人の家庭ならありだと思います。

・以前は22Lでこちらは26Lですが、一回り大きくなった感じです。それでも、2段で鉄板を利用できる機器としてはコンパクトだと思います。上面以外は壁と間隔0cmで設置できるところも意外とポイントが高いと覆います。

・自動暖めは非常に優秀で、冷蔵したコンビニ弁当も、容器が変形することなく一発で熱々になりました。

・筐体が26リットルのため前機種から一回り小さくなりましたが、水タンクがなくなった分角皿の横幅がむしろ長くなっており、狭さは感じませんでした。

 

 

悪い口コミもありましたが、機能へ対するものではなく、本体の造りに関するものだけでした。

 

逆に、良い口コミの方は機能に関することばかりで、どの方も機能性に満足しているようです。

ちなみに、スチーム用の水はカップに入れて庫内に設置するかたちなので、お手入れも簡単で衛生的な造りになっています。

 

過熱水蒸気オーブンレンジRE-WF262とRE-WF261の違いまとめ

 

シャープ過熱水蒸気オーブンレンジのRE-WF262の特徴やRE-WF261との違いをご紹介してきました。

二つの違いはお手入れ機能と自動メニュー数の数だけでしたね。

 

ほぼ同じではありますが、より便利さを望むのならRE-WF262、そのくらいなら無くてもいいという方なら、値段が落ち着いているRE-WF261がおすすめです!

 

ABOUT ME
よっしー
サラリーマンをしながらもブロガーとして活躍したいと思っています!みなさんにとって、有益な情報を届けるのが目標です!